人に薦められたことは、徹底してすぐにやる主義

先日行った21_21の雑貨展。

先日行った21_21の雑貨展。

 
僕が大事にしていることの1つに、人にお薦めされたことはすぐにやってみる、ということがあります。

人に薦められた本や映画は3日以内に必ず一度手にとってみます。薦められた場所にはなるべく行くようにしています。もちろん、誰に薦められたのかを考えるのは大切で、自分が信頼している人、尊敬している人などにおすすめされたら絶対にすぐにやるようにしています。

そうすると、自分がそのモノや場所に実際に触れるときに、その人の対象への感想や考え方の切り口を前提に触れることができ、よりそれに寄り添いやすくなるんですよね。より理解度が高まるというか、一度その人が吹き込んでくれた話がフィルターとして働くので、より肥えた頭で考えることができます。

だから、一目置いている人の口から自分知らない本や映画、場所や人のお薦めが出てきたら、必ずその都度メモを取る。そしてすぐにチェックして、感想をアウトプットする。それだけで、その人にワンステップ近づけたような気もします。

何かに詰まっているときも、こうすることが意外と次のアクションの指針になったり、高い角度で物事を見ることができるようになります。自分で手当たり次第に答えを探すよりも圧倒的に早いです。

最近は、ちょっと鈍ってしまった自分の知識や、考え方の底上げをしようと努力しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です