CanonのEOS Kissを卒業して、SONY α7に買い換えました。

EOS Kiss X5×SIGMA20mm単焦点マクロレンズで撮影


 
大学2年生の時に、初売りで買ったCanon「EOS Kiss X5」を卒業し、先日SONYの「α7」に買い換えました。ミラーレスデビューです。

 
当時は、はじめて触るカメラは何がいいのか、必死に調べたり友達に聞いたりして、いわゆる「ママ用」のEOS Kiss X5に決めたのですが、当時の僕にはとても大きな買物だったのを覚えています。

α7×Zeiss35mm単焦点で撮影


 
乗り換えの理由は主に2つ。入門機と言われるEOS Kissをある程度使いこなせるようになったので、フルスペック機が欲しくなったのと、どうしてもEOSが重くて持ち運ぶのが億劫だったこと。

僕はずっとEOS KissとSIGMAの20mm単焦点マクロレンズ1本で過ごしていました。
基本的にブログ用か、旅行に行くときくらいしかカメラを持ち出さないのですが、このレンズがどうしても重くて、せっかくの旅行中も持ち出さなくなってしまったんですね。。いいレンズなのですが。

今回は、思い切ってCarl Zeissの35mm単焦点レンズを購入しました。

ソニー SONY 単焦点広角レンズ Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA フルサイズ対応
ソニー (2013-11-15)
売り上げランキング: 113,630

 
EOS KissはAPS-Cセンサーなので、ブログで全体感を伝えるには画角が少し狭い。だから広角レンズを使ってました。α7はフルサイズなので、35mmでも十分。かつZeissのレンズはデザインもよく軽量性に優れいていたので、即決でした。少し画角は狭くなりますが、その分今までは出せなかった画質と描写が出ます。めちゃくちゃいいレンズです。

今まで世界各地を一緒に周り、ずっと大切にしてきたCanonのカメラ達は、一式妹にあげようと思います。

これからは、α7が僕の旅の友です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です